トップページ >  ミュゼvライン脱毛の豆知識 >  脱毛できないのはこんな時

ミュゼで脱毛できない肌、箇所、状態

ミュゼで脱毛しようと思っても、実は自分の身体の状態などによってはその施術を受けることができない、という場合もあります。
施術を受けることができないパターンを簡単にご紹介しましょう。

日焼け
日焼けをしている、ということは肌に炎症が起きているということです。
これでは施術できないのも当たり前ですね。
日常的なちょっとした日焼けでも、施術を行うことで思わぬトラブルが起きる場合があるのでできないこともあります。


薬を飲んでいる
常に薬を飲んでいる人は、施術を受けることができません。
施術を受けるには体調・肌ともに健康であることが条件になります。
何かしら体調に不安があったりする場合には、事前にエステティシャンに相談することをオススメします。 また予防接種などを受ける場合にも、前後10日は不可となっています。


傷跡・タトゥー
傷跡があったり、タトゥーしているところは脱毛することができません。
タトゥーをしている箇所に関しては、5cmあけた場所から脱毛をすることになります。


その他肌の状態
アトピーだったり、肌が極端に弱いなどの事情がある場合には脱毛を受けることができないことがあります。 特にアトピーの場合には通院している病院の先生の許可が必要になりますので注意。
脱毛に行く前に、事前に病院で聞いておくとスムーズですよ。


これだけルールがあるのも、安全に脱毛をして欲しいというミュゼの心遣いです。
しっかりルールを守って、綺麗に脱毛しましょうね。